• 2006年12月、第4期SEX MACHINEGUNSを脱退したPanther(Gt)、Joe(Dr)、村井研次郎 (Ba)の3人により正式発足。

    2007年3月、DEMO音源 「D-Tracks」(3曲入り)を発表。結成当初は全てインストゥル メンタル楽曲での活動。3人の主たる音楽的バックグラウンド、Heavy Metalのサウンドをベースに攻撃性とメロディを探求。

    2007年 9月には「Ambivalence」(4曲入り)を発表。実験的にヴォーカ ル曲を2曲収録、以後の活動の方向性を示唆する作品となる(ゲストボーカルにはex.Anthemの森川之雄氏)。

    2008年3月、配信限定販売でヴォーカル入り楽曲3曲をリリース。ヴォーカルには緋村剛(From「everset」)を迎え、従来のヘヴィサウンドに、インダストリアルな部分を融合、さらに緋村のヴォーカルがポップセンスを加える、といった現在のCYCLEサウンドが確立。

    2008年8月27日、ファーストアルバム「A Total Eclipse Of The Sun」(11曲入り)をリリース。
    2009年1月14日、ファーストDVD「Beginning:Summer Chopper」(13曲+オフショット入り)をリリース。

    2009年3月より新ヴォーカリストにKouzy(山口公次)を正式メンバーとして迎え、2009年9月16日、新編成としては初となるアルバム「Metal Circus」(10曲入り)をリリース。

    2010年7月14日、通算3作目のアルバム「Spectracks」(10曲入り)発売。